NOTE

パンとスープとネコ日和




昨年の夏にWOWOWで放映されていたドラマ『 パンとスープとネコ日和 』。
まだかな まだかな と待ちこがれていた DVD & Blu-ray がついに発売。

パッケージデザインも洗練されていて、とってもかわいい。


出演している役者さんが好き、ストーリーの世界観も好き、音楽も好き、
場面に馴染んでいるミナペルホネンの洋服も好き、
いつも犬のことばかり書いているけれど、それでもやっぱりネコも好き、

・・・となれば、やっぱり買ってしまった。


中でも 特別好きなのは、飯島奈美さんのフードスタイリング。
朝の連続ドラマのフードコーディネーターも努められている 飯島さんのお料理は、
もう 見ているだけで 幸せな気分にさせてくれます。

思わず、目から「ごちそうさん」って言ってしまいそう。






 

似てる?




そっくりさん 集合中。

オオカミのTシャツ、キツネの刺繍カード、キツネの編みネクタイ・・。

どのこも “犬” じゃないけれど、でも
どのこも “ウチのコ” に似てる、かも。





 

素敵なサプライズ

今朝のお話です。
 
インターフォンがピンポーン、と鳴ったので
宅配便さんかな、と応答してみると
モニター画面に映し出されていたのは
何ともかわいらしい男の子。
 
男の子はモニター越しに尋ねるのです。
「こむぎちゃん いますか?」って(笑)。
 
ちょうど 夫と朝の散歩に出かけているタイミングだったので、
代わりに私が対応したのだけれど、
男の子が手にしている物を見てビックリ!
 
聞けば、男の子はこむぎのことが大好きで
一生懸命 彼女の絵を描いてくれたとのこと。
 
その絵をプレゼントしてくれる という約束を
夫と交わしてくれていたらしく、
今朝は それをわざわざ届けに来てくれたのでした。
 
手渡されたのは、くるくるっと丸め 輪ゴムでとめられた画用紙。
大切にそーっと開いた瞬間、
不覚にも 私の目から 玉のような涙が ポロポロ ポロポロ。

 
こんなに 可愛らしいこむぎを
こんなに 楽しそうなこむぎを
私は どう頑張っても描けないなぁ。
 
大好き!って気持ちが溢れていて
すごいよ、すっごく上手。
 
そらくんの絵、ちゃんと こむぎにも見せたよ。
こむぎを好きでいてくれて どうもありがとね。





               ( そらくん 作 )




 

金平糖ガラス


          個展会場で原画をご覧くださったお客様から 
          「おいしそう」とか「砂糖菓子みたい」という 
          ご感想を多くいただいたのが新鮮だった。 

          表現媒体は異なるし、実におこがましい話ではあるけれど、 
          ガラス作家・山本真衣さんの作品を初めて見たとき、 
          私はそれと似たような感想を抱いたのだった。 
          「金平糖みたい、夏の和菓子みたい、おいしそう」って。

          硬質で重く冷たいガラスのかたまりが、 
          山本さんの手にかかると、実に軽やかで楽しそう。 
          どこか懐かしくて新しい。 

          光を透かして見たときの涼やかな雰囲気も好きなので 
          窓辺に並べて楽しんでいる。



チョウチョノート



個展DMの絵柄に合わせて 
芳名帳もチョウチョのモチーフに。

大好きなmina perhonenの 
tambourine柄のchoucho note。 

会場にいたかわいらしい(1歳半の)お客様は、
チョウチョが特別お気に入りのようで、
絵の中にそれを見つけるたびに
輝く笑顔を見せてくれたのが印象的だった。 

彼女はこのノートにも気づいてくれたかしら。





page top